読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右も左も前も後ろも

推しのことはな〜んにも知らない。ただの若手俳優オタク

それを愛というのなら

愚痴垢の存在について話すので気分を害す人はリターン推奨です。

 俳優厨になって初めて「愚痴垢」というものを知った。し、一度私も作ろうかと思った時がある。冷静なってやめたけど。

 

元推しがカノバレして炎上したことがある。最初はなんだっけな、おそろいの服だったかな。同じような服をたくさん持ってるって話になって、その中にはファンが彼にあげたはずのプレゼントの服を彼女が着てた写真もあった。それからツイートを遡られて、彼が彼女に送ってたリプライとかも出てきてカノバレからのクズバレってことで自体は落ち着いた。(なにも落ち着いてなかったけど)一度炎上すると出てくる出てくる新しいネタが。叩けば出てくる埃みたいにもう収束がつかなくなっていた。私もその頃まだ若かったっていうこともあって彼への愚痴が止まらなかった。表垢で言うのは気が引けたから鍵をつけた裏垢を作ってそこでぶちまけてたんだけど、今見ると正気の沙汰じゃない屁理屈ばかり並べられていて正直いって自分のことながら気持ちが悪いと思った。

 

「彼女がいることに怒ってるんじゃない。彼女の存在を隠せてなかったことにプロ意識の欠落を感じる」

って口を揃えて愚痴垢は言ってたな。私もわかるわかるって思ってたし毎日愚痴垢を見てて同じ意見があったら共感できたみたいでなんとなくスッキリした気持ちになってた。愚痴垢は日に日に増えていって次第に彼の人柄や性格の話とか、演技や歌、トークにまでケチをつけられるようになった。「前から思ってたけど〜」「今まで言わなかったけど〜」の前置きから始まる新しい愚痴。彼女がいるってことに怒ってるんじゃない。ってことを正当化するみたいに彼の他のところに目をつけては叩くの繰り返し。今考えたら彼自体はなにも変わってない。彼女がいようがいまいが演技も歌もイマイチだったよ。でも頑張ってるから、だから応援してきたしもっと人の目に触れて大きい舞台に立って欲しいって思ってた。推し自体はなにも変わってない。ファンがアンチに変わったんだ。正直彼の演技とか歌とかを叩きだしたときは「???」状態だった私も、負の感情って移るんですよ。次第に演技も歌もトークも全部がダメな人みたいに思えてしまった。ごめんね。

 

愚痴垢を作る人って推しに対して「私がいなきゃ!」って考えてしまう人が多い気がします。自分たちがいなくなったから「売上落ちる」とか「ソロイベ埋まらない」とか「仕事減る」とか。今考えたら彼の仕事量は正直炎上する前と後だと後の方が増えてる。私たちの存在って何だったんだ。愚痴垢ってコミュニティが狭くて、そこにいる人たちが全てだって思いがちだけど広い視野で見たらたくさんいるオタクの数人が他界した。ただそれだけの話。たまに降板させられたり、芸能界やめるって人もいるけど、僅かだよね。それ以上に需要があるってことなんだろうな。

 

「推しのために言ってる」「好きだから愚痴がとまらない」そう言うなら鍵をかけなよ。ファンレターで送りなよ。みんなが見えるところでそれを言うのは足を引っ張るっていう行為になってしまうよ。推しのこと気になる子がその人の名前でツイ検したらそんな愚痴が大量に出てきても尚その人のこと応援しようって気になるのはすごく勇気がいることだと思う。そうやって新規が増えるのを防ぎたいのかな?「やっぱり私たちがいなきゃだめだね」って思ってもらいたいのかな?それが狙い?愚痴垢の存在ってなんだろう。

 

 「すき」ってだけで応援してたはずなのに見返りを求めるようになっていた。恥ずかしい話。好きで舞台も見に行ったしこれ似合いそうだなって思って洋服もプレゼントした。推しのこと好きでいた時間は間違いなく楽しくてキラキラしていた。誰に頼まれたわけもないのに彼を応援して彼に有名になってもらいたいって思っていた。それなのに気付いたら「感謝されたい」と願うようになっていた。わがままだね。

 

もし元推しがカノバレして、横流しされたプレゼントも私のじゃなくて、愚痴垢っていう存在がなかったら、多分応援し続けたと思う。それぐらい私にとって愚痴垢っていう存在は大きかった。そんな負の感情に負けちゃうくらいの気持ちで推してたの?って言われちゃうかもしれないけど、カノバレしてびっくりして、わけわかんなくなったタイミングで愚痴垢のツイート見てたら影響されちゃうよ。今まで見てきた推しより顔も知らない他人のツイートを信じて愚痴を言う過去の私の姿をひどく滑稽だったでしょう、今思い出したら馬鹿だな冷静になりなよって思うけど、うまく気持ちの整理がつかなくて、誰かに縋りたくなるあの気持ちはカノバレとかクズバレを推しが経験した人にしか分からないと思う。

共感できていた愚痴垢のツイートが度を越してきたこととか、絶対同厨じゃないのに推し叩きに参加してくる他厨の煽りとか、あの時は判別できなかったな。今だったらわかる。「すき」が「かなしい」に変わった愚痴垢と、とりあえず叩きたいだけの愚痴垢は全然違う。もともとよく思ってなかったファンがここぞとばかりに叩いてくる。「〇〇のファン可哀想」「ファンの気持ち考えなよ〜」って。ファンの気持ちはファンにしか分かんないんだから他厨はすっこんでろ。

 

愚痴垢ってなくならない文化だから、こっちが取捨選択していかないといけない。他人の意見が聞きたい時もあるけど、それはせめて身内だけにしておこう。身内のフォロワーが、私の推していた人を悪くいうはずないんだから。だって私が散々いいところとか好きなところを話してきた人だもん。それでも身内がその人のこと悪く言うようならちょっと考えよう。

なんにしても俳優もアイドルもジャニーズもグレーゾーンを楽しめない、白黒はっきりさせたい人には向かない趣味だと私は思います。

 

 

たくさん愚痴ってごめんなさい!!!!この間現推しと共演した時に演技見て思ったけど、すごく頑張ってるね!!

演じる役のこと愛してるんだなって(ビジネスでもいいから)思わせてくれるところ大好きでした!!